COVID-19がメンタルヘルスに与える影響

COVID-19がメンタルヘルスに与える経済的影響については、かなりの議論がなされています [1].YouGovが発表したヨーロッパ全体の数字によると、英国は特にひどい影響を受けているようです。回答者のほぼ3分の2が、COVID-19がメンタルヘルスに悪い影響を与えたと回答しています。これに対し、ドイツでは半数以下でした。 [2].

国家統計局のデータによると、中等度から重度のうつ病を報告する成人の割合は、9.7%から19.2%に増加しています。 [3].若年層(16-39歳)では、10.9%から31%へと約3倍に増加し、かなり悪い数字になっています。

メンタルヘルスのCovid 19の経済効果

経済的コストの見積もり

経済学の観点からすると、これは実に憂慮すべきことです。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスと メンタルヘルス財団の最近の報告書では、以下のように試算されています。 COVID-19パンデミック前精神疾患による社会的コストは、英国の国内総生産(GDP)の約5%に相当します。その額は、なんと年間1,180億ポンド(約11兆円)。自傷行為も含めると、このコストは年間1,250億ポンド(約12兆円)以上に上ります。

この費用の計算方法について詳しく見ていきましょう。簡単に言えば、それらはベースになっています:

 

  • 精神疾患を抱えて生活している人の数(有病率)の推計

  • プライマリケア、一般病院および専門病院での診断と治療に関連する医療システム・コスト

  • 教育制度にかかる費用

  • 社会保障制度にかかる費用

  • メンタルヘルス不調のために求職活動をしていない、あるいは働くことができない人々の潜在的な生産性を失ったことによる経済へのコスト。

  • 家族や友人によって提供される、一般的に無報酬のインフォーマルケアにかかる費用

  • 精神疾患と共存することで生じるQOL(生活の質)の低下という、個人にとっての無形のコスト

経済学の観点からは、これは非常に保守的な推定値です。民間の治療費や、病気による欠勤やプレゼンティズムによって失われる生産性のコストは含まれていません。 [4].

COVID-19が原因で精神状態が悪化したという人がいることを考えると、この経済コストはこの2年間で下がったとは考えにくい。むしろ増えている可能性が高い。

 

 

[1]例えば、https://www.mind.org.uk/coronavirus-we-are-here-for-you/coronavirus-research/をご覧ください。

[2] https://www.statista.com/statistics/1196014/impact-of-covid-19-on-mental-health-in-europe/

[3] https://www.statista.com/statistics/1166045/depression-due-to-lockdown-in-great-britain-by-age/

[4] https://www.economicsbydesign.com/the-economic-value-of-a-healthy-health-workforce/

エコノミクス・バイ・デザイン
読み込み中...
0
あなたの感想を聞かせてください。x